海外移住をする前に

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Before the emigration!?

目標は海外移住!!けどその前に…

来月(2017年1月)からオーストラリアのワーホリ協定内容変更

目次

 

こんにちはー!あつこです^^

 

 

今日は、来年度から規制が変更するワーホリについて書こうと思います!

 

まず、ワーホリとはなんぞや?という方のために・・・

 

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーとは、海外での就業を目的とした「就労ビザ」を取得し、ワーキングホリデー協定国で1〜2年間働ける制度です。

 

ワーキングホリデーの条件

通常海外旅行などをする際に必要とされる「観光ビザ」とは異なるため、ビザの申請などは必要ですが、下記2項目を満たしていれば、申請を行うことが可能です。

【1】年齢:18〜35歳

【2】国籍:日本国籍

※イギリスなんかは抽選に当選しないとダメらしい・・・

 

ワーキングホリデー可能な国

対象国は、ワーキングホリデー協定国に限ります。

 

ワーキングホリデーは、1980年にオーストラリアと日本の間で始まったのが発端ですが、その後ニュージーランドやカナダなどの協定国が増えており、現在、ワーキングホリデーが可能な国は以下16ヶ国です。

 

f:id:youandme-couple:20161208223751j:plain・オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

アイルランド

イギリス

フランス

ドイツ

デンマーク

ポーランド

ポルトガル

ノルウェー

スロバキア

オーストリア

香港

台湾

・韓国

 

スロバキアも協定国に入っていたのは初めて知りました!!!

 

この海外で就労を許可されるワーキングホリデーですが、来月から規定が少々変更予定になっています。

 

 

ワーキングホリデー規定内容の変更点(2017年1月〜導入予定) 

◆プラス要素

【1】年齢上限・・・30歳から35歳へ引き上げ

【2】ビザ申請費用・・・440ドルから390ドルへ引き下げ

【3】同一雇用主の就業可能期間・・・半年から1年へ延長

 

◆マイナス要素

【4】滞在者への課税・・・非課税から15〜19%へ(調整)

【5】オーストラリアからの出国税・・・5ドルアップ

 

※オーストラリアとの協定内容です

 

 導入予定なので、今後調整はあるかもしれないですが、おおよそこの内容で話が進んでいるようです。

 

課税対象になってしまいましいいたが、

ワーホリ考えてたけど年齢が・・・

一つの職場でしっかり経験を積みたい・・・

と思っていた方など是非チャンスですね!!

 

ちなみに国によって、また年によって申請方法などかなり異なるようなので、過去の申請方法が必ずしも当てはまるとは限りません。しっかり調べて申請しないと、「あれ?〇〇で確認したのと違う!」という結果になり得ますのでご注意を!!

 

以上、最先端?のワーホリ情報でした!

 

ワーホリしたいです!!!!!!!!!!!